【パーツが見つからない方必見!】スタインバーガーベースXL2修理 | ギター解決.com

【パーツが見つからない方必見!】スタインバーガーベース XL2 修理

steinberger-bass-xl2-repair 『上級』リペア
解決さん
解決さん

当記事をご覧頂き、ありがとうございます!

この記事では、ビンテージパーツが見つからない方に向けて、パーツの探し方を解説します
昔に作られた楽器は基本的に供給されるパーツが減っていきます。その中でなかなか見つからないパーツをどうやって見つけるか?

と言うコツを
実際にアイディールギターズが修理依頼を受けた、スタインバーガーのビンテージ ベース、XL2を例に解説します

Steinberger bass XL2でお悩みの方はもちろん、ビンテージギターやベースのパーツが見つからないとお悩みの方も、解決の糸口になる考えを含めてお伝えします!

※この記事は上級者向けです※
修理過程を公開しておりますが、ご自身で実施する事はお勧めしておりません。ご自身で実施する際はくれぐれも自己責任でお願いします。

津田佳幸-480x480

この記事は私が書きました

津田佳幸(Ideal Guitars)プロフィール

楽器・音楽業界13年間、FenderJapan, Greco等の製造に携わり1,000本超える楽器製造に関わる。「ギター解決.com」をきっかけにオンラインメンテナンスもスタート。

●経歴

2019年に独立。新規事業立ち上げを経験、3か月後に売上1000万円を達成。その後の失敗で酸いも甘いも経験。現在、自身の楽器事業・Web事業に力を入れ事業拡大中。

信念を「次世代への価値創造」とし、自者他者(社)共に尖った価値創造が出来るよう日々邁進。

Steinberger bass XL2 修理

修理の経緯

メンテナンスや修理のご依頼を受けるときは様々な経緯があります。

今回は、以前ギターのメンテナンスをご依頼いただいた方からのベース修理依頼でした。

「大切にしているスタインバーガーベースの1弦がレギュラーチューニング出来なくなった」

そんなご相談を受け、まずは現状把握のため状態を見させていただきました。

解決さん
解決さん

ご依頼主様と同い年に産まれたベース

特別な思い入れのある楽器を信頼して、預けて頂けている事が本当にありがたいです

状態確認

スタインバーガーと言えばヘッドレスギターやヘッドレスベースで有名です。

構造は大体知っていましたが、チューニングができないと言うのはどういう状態なのか?
実際に見て判断します。

現状の状態確認時は、オーナー様に現状をヒアリングして「今楽器がどういう状態なのか?」を頭の中で仮説を立てます
1弦のチューニングができないと言う現状だったので、ここで立てた仮説は「ナット側かブリッジ側に何か問題がある」と言う仮説です。

実は観させていただいた時、最初のほうは症状が出なかったです。
ナット側に問題はなく、ブリッジ側も1弦のブリッジが他の弦と同じでしっかりと弦を引っ張れている…
しかし、色々と試すうちに症状が出て原因を突き止めました。

予想はしていましたが、やはりブリッジ部分の雌ネジと雄ねじの噛み合わせがなめていることが原因でした。
今思えば状態確認の時はブリッジの駒のねじ山が、かろうじて完全には舐めていなかったのだと思います。

原因をつきとめられれば、あとはそこを直すだけです!

パーツ取り寄せ

この写真のパーツを探さないといけません。

パーツ探しのコツはこちら↓

  1. 楽器の名称や型番を正確に把握する
  2. その情報をもとにパーツの情報を探す

楽器の名称や型番を正確に把握する

まず、自分自身で買っているなら購入情報などをさかのぼり、名称や型番を正確に把握します。

今回は、オーナー様に確認、自分でも検索して「Steinberger bass XL2 1985年製」でした。

その情報をもとにパーツの情報を探す

上記の、正確な名称や型番を軸にパーツの検索をします。

今回は「Steinberger bass XL2 ブリッジ」「Steinberger bass XL2 修理」などで調べると、いくつか記事が出てきました。

しかし肝心のパーツがどこに売っているのかの情報が手に入らなかった…
なので、上記の検索を「画像」で見て探すとパーツを作って売っている国内のページがいくつか見つかりました。

解決さん
解決さん

自分のものならこの段階でパーツを購入しても良いかと思います

しかし、お客様の楽器なのでもう1段階掘り下げます
「超職人気質」発動!!

国内で売っていたのは真鍮製のものや、加工が足りていないものでした。
この先、「何年何十年と使われていく楽器に中途半端なものは着けたくない」そんなこだわりが私を突き動かします。

そう考え、検索を海外に広げます。「海外サイト 検索」でググるとやり方が出てきます。

海外サイトで探した結果、やはり本場アメリカで良さそうなものをいくつか見つけました。

その中でも、HEADLESS USA が出している 「REPLACEMENT STEINBERGER BASS JAWS」

HEADLESS USA | REPLACEMENT STEINBERGER BASS JAWS

これが完璧でした。

HEADLESS USA に直接英語で確認、問題なく今回のスタインバーガーのベースに装着可能の確認ができました。

早速、パーツの金額を確認し見積もりを出し、オーナー様からゴーサインが出た段階で発注。
ウェブサイトから購入できそうな見た目ではありましたが、エラーが出るので、メールで請求書を発行して貰い支払い、発送。

後から気づきましたが、HEADLESS USAのCEO “DON GREENWALD” 氏 自ら対応してくれました。
私の拙い英語で最初のほうのやりとりは通じてないようで迷惑かけましたが、丁寧な対応で感謝!

トラブル

発送するまでは円滑に進んでいたが、待てど暮らせど荷物が届かない…

荷物の追跡番号は分かっていたので毎日確認していました。海外発送でよくあることみたいですがニューヨークやジャマイカを行ったり来たり…

そして更新がされなくなったと思ったら、HEADLESS USAのCEO “DON GREENWALD” 氏から連絡が来ました。
「内容は荷物が戻ってきてしまった」と言うことでした。先方のミスなのかこちらのミスなのか、わかりませんでしたが絶望しました…

しかし、オーナー様には海外輸送で時間がかかる旨を伝えていたので、改めて状況をお伝えして、もうしばらく時間がかかることを了承いただきました。

ちなみに写真は2回目の発送です。
2週間から1ヵ月ぐらいで届く想定でしたが、結果的に2ヶ月ほどかかってしまった。

皆さんも海外発送はかなり時間がかかることを想定した方が良いと思います。

usps

実際の修理

待ちに待った「REPLACEMENT STEINBERGER BASS JAWS」が到着!!

実際の修理に入ります。

BASS JAWS 交換

BASS JAWを交換するために、ブリッジ部分のパーツをばらしていきます。
各パーツ、ネジ一つにしてもどこに付いていたかわかるようにバラします。

新しく購入したBASS JAWがかなりピッタリ入るような高い精度の設計になっているようでした。
各弦のスペースに入ったり入らなかったりしたため、少しだけベース側を削りました。

ここがプロに依頼した方が良いポイントです。はまると思ったパーツが経年変化や加工誤差によってはまらないことが多々あります。個体によってうまく合わせていくのが職人技です。

同封されていたグリスを塗り、ピッタリ入りました。

完璧な出来で、外観もオリジナルと変わりません。素晴らしい!!

指板クリーニング

指板が若干汚れているのが気になったので、指板クリーニングをサービス。

BIGBENDS / FRET BOARD JUICE を使いました。

指板クリーニングのやり方はこちら↓

弦を張る

チューニングした後に、BASS JAWがポケットの中に入るよう計算して弦を張ります。

ここで、「オクターブ」と「弦高」を合わせます。

弦高は大きく変えず、指板のRに沿って合わせます。

最後にポリッシュで拭きます。

Steinberger bass XL2 修理完成!

解決さん
解決さん

完璧な仕上がりです!!

今回の掲載に快く承諾いただいたオーナー様、ありがとうございました!

ビンテージギター、ビンテージベースのパーツが見つからない方へ

修理するのに、パーツ交換が必須な状況は多いです。

パーツ探しのコツをまとめておきます。

パーツ探しのコツ

  1. 楽器の名称や型番を正確に把握する
  2. その情報をもとにパーツの情報を探す

楽器の名称や型番を正確に把握する

まず、自分自身で買っているなら購入情報などをさかのぼり、名称や型番を正確に把握します。

例えば「Gretsch 6120 Chet Atkins 1958年製」

その情報をもとにパーツの情報を探す

上記の、正確な名称や型番を軸にパーツの検索をします。

例えば「Gretsch 6120 Chet Atkins ブリッジ」「Gretsch 6120 Chet Atkins 修理」など

そうすると、使われているブリッジは「ロッキング・バー」などの情報が出てくるので、絞れてくる。

解決さん
解決さん

私は仕事柄こだわりましたが、どこまでこだわるかは自分次第です
金額と品質を天秤にかけて自身に合ったパーツを探しましょう!!

まとめ

解決さん
解決さん

今回は実際に修理依頼を受けた、Steinberger bass XL2 修理をメインに、ビンテージギターやベースのパーツが見つからないとお悩みの方への「ビンテージギター・ベースパーツ探しのコツ」もご紹介しました!

楽器と自身に合ったパーツを探しましょう!!

お知らせ

解決さん
解決さん

あなたの楽器は諦めて押し入れに眠っていませんか?

今の楽器に満足できていますか?

Ideal-Guitarsでは、随時メンテナンス、リペア依頼を受け付けております。

お気軽に下記の公式LINEからご連絡ください。(ご相談無料

▶︎お問い合わせはこちら

友だち追加
Ideal-Guitars

▶︎Ideal-Guitarsのメンテナンス・リペアメニューについてはホームページをご覧ください。

解決さん
解決さん

SNSに「いいね」貰えると励みになります ^ ^

コメント

タイトルとURLをコピーしました